ホワイトニング・白い歯に関するトピックス
ホーム > トピックス > 歯を削らない方法 - 歯を白く美しくする方法 1 -

歯を削らない方法 - 歯を白く美しくする方法 1 -

誰もが憧れる白い歯。歯を白くするにはどうしたらいいの?そんな疑問にお答えします!

歯を削らない方法

歯石を取る [保険診療]

器械を使って、歯を擦る感じで歯石を除去し、歯全体をきれいにします。

クリーニングパウダーで白くする [自費診療]

専用の器械を使います。歯の表面だけに色素が付着している場合に効果的です。
専用のクリーニングパウダーを水と一緒に歯の表面に吹き付けて着色を落とします。 顔に粉が飛び散ってくる感じがあり、塩辛い味もしますが、 びっくりするほど短時間で元の白い歯に戻ります。歯の表面を全く傷つけることもありません。

歯の漂白をする [自費診療]

使用する薬剤は、主に過酸化水素や過酸化尿素です。歯の表面に薬剤を塗り、歯の組織内に着色した有機成分を酸化剤により分解・除去して、歯の明度を高くして黄色みを取り除きます。可視光線・レーザー光・熱・高周波電流を当てると高濃度の過酸化水素が急速に分解し、歯を白くすることが出来ます。変色の程度により3~5回の通院が必要です。

通常の場合、歯自体が変化することはありません。漂白後も喫煙や濃い色素・着色料入りの飲食物のために再度変色したり、多少は元の歯の色に戻ることもあります。漂白しきれない場合もありますので、事前によく歯科医師、歯科衛生士と話し合うことが大切です。

また、神経を取ってしまった歯の場合は、表面から漂白するよりも内部から漂白のための薬を入れる方が効果があります。 数回に渡ってこれを繰り返すのですが、希望どおりの色になるかどうかの保証はありません。またきれいになったとしてもまた後戻りする可能性は高く、あまり一般的ではありません。

その他、家庭で出来ること

歯を白くする歯みがき剤を選ぶ

歯を白くする効果の高いハイドロキシアパタイトの歯みがき剤があります。これは、歯の硬い部分を構成している主成分が含まれています。研磨作用により、こびりついた色素を除去し、歯を白くします。
最近は、天然酵素を配合した歯みがき剤もあります。歯の表面を削らないので歯にやさしい、今特におすすめの歯みがき剤です。

家庭で出来る漂白をする(ホームブリーチング)[自費診療]

アメリカでは、ブリーチングといえば歯科医院よりも家庭で行うものへと移行しつつあるようです。
しかし、日本ではまだまだこれからで、医薬品のホームブリーチング剤はまだスーパーや薬局で販売されてはいません。買うことが出来るのは、医薬部外品のものです。

日本でホームブリーチングをする場合は、まず歯科医院であなたの歯が漂白に適しているか診てもらい、説明を受けてから、家で漂白します。全ての歯科医院で行っているわけではありませんので、歯科医院にてお尋ね下さい。メーカーにより漂白剤の使用時間等の詳細は異なります。

ホームブリーチングの流れ
【1】歯科医院にて歯石の除去等をしてお口の中をキレイに清掃してもらいます。
【2】歯の型をとり、個人の歯並びに合ったトレー(全部の歯をすっぽり覆いかぶせるもの)を作ります。
【3】そのトレーを一度合わせてみて、薬剤の使い方や1日の使用時間などの説明を受けて帰宅します。
【4】変色の程度にもよりますが、1日2時間以内で、約2週間続けます。
【5】3日に1度は通院し、歯の状況やトレーが変型していないか、診てもらいます。

トレーを付けている間は飲食や喫煙は避けます。トレーを付けていない時間でも濃い色素の入った飲食物や着色料入りの飲食物は避けます。重度の変色ではより長い時間が必要になります。

  • 歯の妖精のお話
  • おすすめオーラルケアサロン
歯科へ行こう!
  • ポイントがもらえる歯科医院検索
  • 口コミで歯科医院を検索
  • ネットで予約が出来る歯科医院を検索
  • 歯科へ行こう!

  • 和田精密歯研株式会社
  • ハーモニック-歯科専門求人・転職サイト
  • 歯ART美術館