ホワイトニング・白い歯に関するトピックス
ホーム > トピックス > 良く噛むか噛まないかで、食後のエネルギー消費量も変わってくる - ダイエットに効果的な食べ方について 2 -

良く噛むか噛まないかで、食後のエネルギー消費量も変わってくる - ダイエットに効果的な食べ方について 2 -

良く噛むか噛まないかで、食後のエネルギー消費量も変わってくる 私たちが活動するた...

良く噛むか噛まないかで、食後のエネルギー消費量も変わってくる

私たちが活動するための主なエネルギー源はブドウ糖です。このブドウ糖をエネルギーに変えるためにはインスリンというホルモンが必要になります。インスリンは噛む刺激をきっかけに膵臓から分泌されます。だから良く噛んで食事すると、食事をしている間にインスリンがどんどん作られ、食べ終わった直後から、エネルギーが急激に消費されていくのです。

ところが、良く噛んで食べないと、インスリンの量が少なく、エネルギー消費ができないまま、体に余分なエネルギーをためこみ、太りやすくなってしまいます。良く噛んで食べ、エネルギー代謝量を増やし、太りにくい体を作りましょう。

  • 歯の妖精のお話
  • おすすめオーラルケアサロン
歯科へ行こう!
  • ポイントがもらえる歯科医院検索
  • 口コミで歯科医院を検索
  • ネットで予約が出来る歯科医院を検索
  • 歯科へ行こう!

  • 和田精密歯研株式会社
  • ハーモニック-歯科専門求人・転職サイト
  • 歯ART美術館