歯周病(歯槽膿漏)に関するトピックス
ホーム > トピックス > 歯みがき剤について - 歯周病の予防 4 -

歯みがき剤について - 歯周病の予防 4 -

歯磨き剤について

歯みがき剤について

歯みがきにおいて、重要なのはブラッシングです。歯みがき剤や水はみがきだけではプラークを除去することはできません。逆に歯みがき剤をたくさんつけると唾液が出すぎて歯みがきの時間が短くなったり、研磨剤で歯の表面が削られたりするので注意が必要です。歯みがき剤はあくまでブラッシングを補助するものであり、歯みがき後の爽快感を増したり、多少の薬効成分効果があるものと考えた上で自分にあったものを選びましょう。

○研磨剤配合
歯面の着色(タバコのヤニや茶渋等)が気になるときは、研磨剤配合のものを使用するとよいでしょう。ただ、歯の表面を磨きすぎて、削らないように注意が必要です。また象牙質知覚過敏症の方は使用しないほうがよいでしょう。
○虫歯予防
フッ素配合のものが虫歯予防に効果があります。子供の場合は一日一回使うとよいでしょう。
○歯周病予防
殺菌作用や止血作用のある成分が含まれています。
○知覚過敏
冷たい水や空気がしみる知覚過敏の方に適しています。
関連カテゴリ:歯周病(歯槽膿漏)
  • 歯の妖精のお話
  • おすすめオーラルケアサロン
歯科へ行こう!
  • ポイントがもらえる歯科医院検索
  • 口コミで歯科医院を検索
  • ネットで予約が出来る歯科医院を検索
  • 歯科へ行こう!

  • 和田精密歯研株式会社
  • ハーモニック-歯科専門求人・転職サイト
  • 歯ART美術館