歯周病(歯槽膿漏)に関するトピックス
ホーム > トピックス > 後期段階・・・中程度歯周炎 - 歯周病の進行と症状 4 -

後期段階・・・中程度歯周炎 - 歯周病の進行と症状 4 -

歯周病の後期段階(中程度歯周炎)、進行と症状、治療方法を解説します。

後期段階・・・中程度歯周炎

中程度歯周炎中程度歯周炎

歯周ポケットが4~6mmとさらに深くなります。歯槽骨も1/3~1/2ほどが破壊され、歯がグラグラしてきます。

チェックポイント

○固い物が噛みにくくなった
固いもの(特にイカ、タコ、漬物、パンの耳等)は、かなり歯や歯を支えている組織に負担をかけます。歯を支えている骨が溶けて少なくなってくれば、その力を支えきれずに自覚症状として噛めない、噛むと痛いという形で表われます。

歯周病の後期段階です。歯周病がかなり進行しています。すぐに歯科医院へ行って歯石や歯垢(プラーク)を取ってもらいましょう。場合によっては、歯ぐきを切る必要もあります。

関連カテゴリ:歯周病(歯槽膿漏)
  • 歯の妖精のお話
  • おすすめオーラルケアサロン
歯科へ行こう!
  • ポイントがもらえる歯科医院検索
  • 口コミで歯科医院を検索
  • ネットで予約が出来る歯科医院を検索
  • 歯科へ行こう!

  • 和田精密歯研株式会社
  • ハーモニック-歯科専門求人・転職サイト
  • 歯ART美術館