歯周病(歯槽膿漏)に関するトピックス
ホーム > トピックス > 歯周病になると歯並びも悪くなる? - 歯周病(歯槽膿漏)とは 4 -

歯周病になると歯並びも悪くなる? - 歯周病(歯槽膿漏)とは 4 -

歯周病と歯並びへの影響について解説します。

歯周病になると歯並びも悪くなる?

歯ぐきの下で歯を支えているのは顎の骨です。顎の骨と歯は直接接しているのではなく、ごく狭いところに靭帯様の組織(歯根膜と言います)が存在し、物をかんだ時の力を受け止めるクッションのような働きをしています。歯周ポケットが深くなっていくと歯根膜や骨にまで炎症は拡がって行きます。物がかめなくなるのは、このためです。

骨は炎症が起こるというよりも溶けるようになくなっていきます。まるで細菌から身を守るために逃げて行く感じです。歯周病の末期段階に歯並びが悪くなったり、物が挟まりやすくなるのは歯が動いているためです。そして、歯を支えている骨が全くなくなってしまうと歯は抜けるしかありません。

関連カテゴリ:歯周病(歯槽膿漏)
  • 歯の妖精のお話
  • おすすめオーラルケアサロン
歯科へ行こう!
  • ポイントがもらえる歯科医院検索
  • 口コミで歯科医院を検索
  • ネットで予約が出来る歯科医院を検索
  • 歯科へ行こう!

  • 和田精密歯研株式会社
  • ハーモニック-歯科専門求人・転職サイト
  • 歯ART美術館