虫歯に関するトピックス
ホーム > トピックス > 虫歯になりやすい時期 - 虫歯になりやすいのは・・・ 3 -

虫歯になりやすい時期 - 虫歯になりやすいのは・・・ 3 -

虫歯になりやすい時期を解説しています。

虫歯になりやすい時期

生え代わりの時期

乳歯の時期(小学生までの時期)は保護者は子供の歯のケアに注意を払いますが、成長するにつれだんだん自分だけで歯みがきをしたり、自由におやつを食べたりすることが多くなっていきます。

また、生え代わりの時期は乳歯が抜けたままになっていたり、グラグラしている歯があったり、永久歯が生えてきても咬める高さにまでなるには多少の時間がかかりますので、歯ブラシがうまく当たりません。歯垢(プラーク)がどんどん蓄積することになります。奥歯の咬み合わせ・前歯の歯と歯茎の境目・歯と歯の隣り合っている面は虫歯になりやすいところです。

思春期

思春期にかけてクラブ活動や友人との交際・受験勉強・進学等に伴う生活環境の変化によって、生活習慣・食習慣が乱れ、今まで以上に虫歯や歯茎の炎症を起こしやすくなります。中高生になれば、コンビニエンスストアで自由に食べ物を買うことができます。

清涼飲料水には、重量の10~15%の砂糖が含まれています。特に多量に飲むことは、歯と歯茎の境目の虫歯を増加させます。菓子パンは、重量の20~30%の砂糖量になります。砂糖の過剰摂取は歯垢(プラーク)を作りやすくするだけでなく、体の異常となって現れることもあります。 砂糖や穀類である糖質が体内で利用される時には、ビタミンB1が大量に使われ、疲労感がしたり、肩が凝ったりします。小さいころから正しい食習慣・生活習慣を身につけるようにしていくことが大切です。

関連カテゴリ:虫歯
  • 歯の妖精のお話
  • おすすめオーラルケアサロン
歯科へ行こう!
  • ポイントがもらえる歯科医院検索
  • 口コミで歯科医院を検索
  • ネットで予約が出来る歯科医院を検索
  • 歯科へ行こう!

  • 和田精密歯研株式会社
  • ハーモニック-歯科専門求人・転職サイト
  • 歯ART美術館