赤ちゃん・子供の歯に関するトピックス
ホーム > トピックス > 胎児の歯の図も併せてご覧ください。 - 妊娠中のお母さんと赤ちゃんの歯について 4 -

胎児の歯の図も併せてご覧ください。 - 妊娠中のお母さんと赤ちゃんの歯について 4 -

妊娠中に起こる口内の変化や、赤ちゃんの歯への影響についての注意点を解説しています。

胎児の歯の図も併せてご覧ください。

歯の元のできる順番歯の元のできる順番
○妊娠6週から10週の間
乳歯[図NO.1~5]の歯の元は上下20本全部が形成され始めます。 胎児の顎の骨の歯の位置に相当するところに上皮が増殖してきて歯の元が形成されます。
○妊娠12~16週
第1大臼歯(6歳臼歯)[図NO.6]の元が出来始めます。
○妊娠18週頃
乳歯[図NO.1~5]の歯の元に硬い組織が作られていきます。(石灰化、カルシウムなどが沈着してくること)まず、歯の先の方から石灰化していき、徐々に歯の根の形成へと進んでいきます。
永久歯[図NO.7~13]の歯の元の形成も同時に進行しています。
○出生の頃
第1大臼歯(6歳臼歯)[図NO.6]の元にカルシウムが沈着し始めます。
○生後6ヵ月頃
歯がはえ始めます。歯のはえる順番は、歯の元のできる順番とは多少異なります。
関連カテゴリ:赤ちゃん・子供の歯
  • 歯の妖精のお話
  • おすすめオーラルケアサロン
歯科へ行こう!
  • ポイントがもらえる歯科医院検索
  • 口コミで歯科医院を検索
  • ネットで予約が出来る歯科医院を検索
  • 歯科へ行こう!

  • 和田精密歯研株式会社
  • ハーモニック-歯科専門求人・転職サイト
  • 歯ART美術館