赤ちゃん・子供の歯に関するトピックス
ホーム > トピックス > 妊娠中のお口の中の変化 - 妊娠中のお母さんと赤ちゃんの歯について 1 -

妊娠中のお口の中の変化 - 妊娠中のお母さんと赤ちゃんの歯について 1 -

妊娠中に起こる口内の変化や、赤ちゃんの歯への影響についての注意点を解説しています。

妊娠中のお口の中の変化

どんな風に変化するの?

歯ぐきの炎症が起こりやすくなります。歯ぐきが赤くなったり、ブヨブヨしてきたり、ちょっとしたことで出血すれば要注意。出産すれば元の状態に戻ることもありますし、そのまま歯周病に移行してしまう場合もあります。

虫歯が増える?

初期から中期頃まではつわりの程度にもよりますが、歯ブラシがお口に入れられずにどうしても歯磨きがおろそかになってしまった結果と考えられます。またどんどんお腹も大きくなって日常の動作もゆっくりノロノロしたものになると歯磨きも手を抜きがちになります。

唾液も少なからず変わります。普通のときに比べてネバネバしたり、酸性に傾いていることも多くなり、これも虫歯になりやすい条件です。お母さんの歯からカルシウムが抜け出すことはありません。胃が圧迫されるようになると1回の食事量が多く取りにくくなります。ついつい間食も多くなりがち。食事に比べると簡単に食べられるもの、つまり、糖分の多いものや歯にべったり付着するものになります。こういう食べ物は虫歯を作りやすいです。

歯ぐきにできものが出来やすいの?

妊娠性エプーリスができやすくなります。エプーリスというのは歯ぐきに出来る良質のできものです。誰にでもできるのですが、妊娠中によく発生することがあります。分娩すると小さくなったり、自然になくなりますので心配ありません。

関連カテゴリ:赤ちゃん・子供の歯
  • 歯の妖精のお話
  • おすすめオーラルケアサロン
歯科へ行こう!
  • ポイントがもらえる歯科医院検索
  • 口コミで歯科医院を検索
  • ネットで予約が出来る歯科医院を検索
  • 歯科へ行こう!

  • 和田精密歯研株式会社
  • ハーモニック-歯科専門求人・転職サイト
  • 歯ART美術館