赤ちゃん・子供の歯に関するトピックス
ホーム > トピックス > 永久歯が生えてくるメカニズム - 永久歯が生えてきたら 3 -

永久歯が生えてくるメカニズム - 永久歯が生えてきたら 3 -

永久歯の生える順番や虫歯予防法などを詳しく解説するとともに、夏休みの自由研究に最適な「歯の実験」も併せて紹介します。

永久歯が生えてくるメカニズム

乳歯は硬度が弱く、大人が咬む力には耐えられないため頑丈な永久歯へと交換します。乳歯は、永久歯が生えるにあたって顎の骨の中でどの位置に向かうべきか指示する役割を担っています。

乳歯の根の先には永久歯があって出てくる準備をしています(歯の元にカルシウム等がついて硬くなりつつあります)。そして、永久歯が形作られるにしたがってその先の方では骨を溶かす細胞や歯(乳歯)を溶かす細胞が現れてきます。それにより乳歯の根は短くなり自然にポロッと取れてしまい、すぐに永久歯がそこから顔を出すような感じで生えてきます。つまり乳歯が生えていた位置と同じところに永久歯が出てくることになるのです。

関連カテゴリ:赤ちゃん・子供の歯
  • 歯の妖精のお話
  • おすすめオーラルケアサロン
歯科へ行こう!
  • ポイントがもらえる歯科医院検索
  • 口コミで歯科医院を検索
  • ネットで予約が出来る歯科医院を検索
  • 歯科へ行こう!

  • 和田精密歯研株式会社
  • ハーモニック-歯科専門求人・転職サイト
  • 歯ART美術館