お悩み相談Q&A
ホーム > お悩み相談Q&A

Q.5才の息子ですが、口の中が腫れており、歯が痛くて食事ができないと言うので歯医者に連れて行きました。
虫歯からばい菌が入って口の中全体に炎症が広がったのでしょうとのこと。
口腔外科を紹介され、歯に穴を開け、膿を出してもらい、ほぼ炎症が治まったところで、再び元の歯医者に戻り、引き続き治療を続けているのですが、穴を開けたところに薬を入れ、白いもので蓋をして様子を見ながら中の薬の交換をしていきましょうとのこと。
治療している歯の外側の歯茎が腫れてきたので、診察してもらったところ、最悪の場合、歯を抜くことを考えておいてくださいとのこと。薬をかえてもらったようなのですが、腫れはひどくなってきています。
歯を抜かずに治す方法は他にないものでしょうか?

歯の根っこが膿んだ時は歯に穴を開け、膿を出します。
ところが、そのままずっと放置すると、今度は唾液のばい菌が歯に入るので、いずれ薬を入れてフタをしなければさらに感染します。主治医の先生はそのような理由で薬を入れたのだと思いますが、歯科医がそろそろ大丈夫かと思い、薬を入れても、まだ炎症(ばい菌)の強い時にフタをするとまた腫れてきます。
しかし、やはりフタをしなければ先に進みません。
永久歯は腫れが長引くことが少ないのですが、乳歯は解りません。乳歯は最終的には抜け落ちる歯です。
ところが神経が死んでしまうと身体はそれを異物として考え、早く排出しようと炎症反応を起こす事もあります。
そういった事から抜かないといけない場合もでてきます。
主治医の先生がおかしな事をしているようではありません。
解らないことはよく相談なさってくたさい。

  • 歯の妖精のお話
  • おすすめオーラルケアサロン
歯科へ行こう!
  • ポイントがもらえる歯科医院検索
  • 口コミで歯科医院を検索
  • ネットで予約が出来る歯科医院を検索
  • 歯科へ行こう!

  • 和田精密歯研株式会社
  • ハーモニック-歯科専門求人・転職サイト
  • 歯ART美術館