お悩み相談Q&A
ホーム > お悩み相談Q&A

Q.うけ口で矯正と外科手術をした後も、舌で下の歯を押す癖が抜けません。

手術により下顎を後退させたということは口全体の容積が減少したということになります。舌の大きさは変わっていませんので、どうしても歯に触れ過ぎるようになってしまいます。舌の位置を意識的に奥へもって行くようにする必要があります。
練習の一つとしては舌の先を上顎の中央から少し奥のほうに意識して付けるようにします。(学生の方は勉強されている時等)口を動かしていないときにやっていると段々、無意識の状態でも舌の位置が後退するようになります。
これは一つの方法でこちらはあなたのの口の中の様子や生活習慣等何も知りません。それらをよくご存じの主治医にもっと自分の心配な点や不満を相談しないとせっかくの矯正・手術の成果が十分現れないことになってしまいますよ。

  • 歯の妖精のお話
  • おすすめオーラルケアサロン
歯科へ行こう!
  • ポイントがもらえる歯科医院検索
  • 口コミで歯科医院を検索
  • ネットで予約が出来る歯科医院を検索
  • 歯科へ行こう!

  • 和田精密歯研株式会社
  • ハーモニック-歯科専門求人・転職サイト
  • 歯ART美術館