お悩み相談Q&A
ホーム > お悩み相談Q&A

Q.歯の神経を抜いた後に必要なアフターケアは何ですか。

神経を抜くとその歯は死んでしまったことになります。歯の形は残っていますが、いわば枯木と同じようになったと言えます。神経を取った後は、その替わりに薬剤を詰めて再度の口の中のバイ菌の感染を防ぐようにします。
歯の神経と言っても1本だけが歯の中央部に通っているわけではありません。いくつも枝分かれしていて、植物でいえば「ひげ根」状態になっていることが多いです。それら全てを薬剤で置き換えるのはどれほど歯科医師が努力しても無理なことが多いです。(最大限のことはしているのですが)
不幸にも不十分なところから再感染することにより、次は歯を支えている組織に病気が起こることがあります。また神経を取るということは、歯も沢山削っているわけですから、最終処置はかぶせ物です。これは金属の材料で、歯全体を覆うようにするため、歯自体の存在を忘れがちです。かぶせ物と歯ぐきの間からバイ菌が入り、歯質の残っている中心部で(見えないところで)虫歯が起こる可能性は高いです。
これらのことを防ぐためにもあなた自身の日常生活の歯の手入れ(歯磨き等)の方法や口の中のチェックをするために定期検診は欠かせません。この間隔はあなたの口の中の状態により異なりますので、主治医と相談してください。
口の中には沢山の歯があり、1本ずつが各々の働きをしていますが、個々に働いているのではなく、1つの調和の中で機能しています。1本が虫歯になったといっても それだけの問題でなく、両隣やかみ合わせている側にも影響があるのです。ホームドクターとしてあなたの歯を管理してもらえる歯科医師や歯科衛生士を探してください。

  • 歯の妖精のお話
  • おすすめオーラルケアサロン
歯科へ行こう!
  • ポイントがもらえる歯科医院検索
  • 口コミで歯科医院を検索
  • ネットで予約が出来る歯科医院を検索
  • 歯科へ行こう!

  • 和田精密歯研株式会社
  • ハーモニック-歯科専門求人・転職サイト
  • 歯ART美術館