お悩み相談Q&A
ホーム > お悩み相談Q&A

Q.乳児期の子供は、大人とのキスや箸の共用を避ける等で、虫歯のできにくい歯にすることができるのですか?

現在の歯科医学では、虫歯の発生について色々な部分が、以前に比べ解明されてきています。その一つに虫歯を作る(歯の表面を溶けさせる酸を作る)口の中のバイ菌の種類と役割が分かってきたことがあります。出生直後の新生児の口の中は、ほぼ無菌状態ですが、時間の経過と共にだんだんバイ菌の種類と量が増えていきます。
大人である親の口の中には当然虫歯に関わるバイ菌がいるのですから、親とのキスや箸の共用等で子へとそれがうつる可能性があります。無菌的な状態で育児をするわけではないのですから、いずれの時期には成人の口の中の状況にはなると思いますが、歯が出てくる頃にそういったバイ菌が住み着いてしまうと歯の表面でどんどん歯垢を作りやすくなります。
但し、虫歯の発生にはバイ菌以外にも沢山の要因があります。歯の質の問題、唾液の状態摂取する食品の種類等も虫歯の出来やすさと関係します。

  • 歯の妖精のお話
  • おすすめオーラルケアサロン
歯科へ行こう!
  • ポイントがもらえる歯科医院検索
  • 口コミで歯科医院を検索
  • ネットで予約が出来る歯科医院を検索
  • 歯科へ行こう!

  • 和田精密歯研株式会社
  • ハーモニック-歯科専門求人・転職サイト
  • 歯ART美術館