お悩み相談Q&A
ホーム > お悩み相談Q&A

Q.歯周病でグラグラしている歯を抜いて総入れ歯をすることになりました。全部歯を抜いて1ヵ月後でないと入れ歯は作れないと言われました。仮の歯も入れてもらえないそうなので、歯が全く無い状態で1ヵ月の間どうしたらいいか困っています。

大変お困りのことと思います。改めて歯の大切さを実感されていると思います。
総義歯を維持安定させるのは、歯のなくなった歯ぐきだけです。(部分義歯は、残っている歯にかける金具と歯ぐきの両方で安定させています。)歯を抜いた直後は、骨も歯ぐきの形も歯のあった状態のままですが、時間の経過と共に不要なところは吸収され、なだらかな形に変化していきます。
安定した義歯を作るのなら、骨や歯ぐきの形の変化が見られなくなるまで待つのが最善です。それには3~6ヵ月かかる可能性があり、患者さんにすれば不自由な期間が長くなってしまいます。それで譲歩できる期間として1ヵ月ということを言われたのだと思います。
しかし、その期間も歯がない状態では生活できないというケースも多々あります。そのため保険制度上でも抜く前に口の型をとっておいて、歯がなくなったことを予想して義歯を作ることがあります。先に義歯が出来ているため、抜いたその時点で義歯を入れることが出来ます。これで、歯のない期間は無いことになります。
この場合の問題点として前述したように土台である歯茎や骨が変化しますので、頻繁に調整しなければなりません。そしてこの義歯は「仮の義歯」というようには考えられてもいません。全く方法がない訳ではありませんが、多少のリスクもありますので、よく相談してください。

  • 歯の妖精のお話
  • おすすめオーラルケアサロン
歯科へ行こう!
  • ポイントがもらえる歯科医院検索
  • 口コミで歯科医院を検索
  • ネットで予約が出来る歯科医院を検索
  • 歯科へ行こう!

  • 和田精密歯研株式会社
  • ハーモニック-歯科専門求人・転職サイト
  • 歯ART美術館