お悩み相談Q&A
ホーム > お悩み相談Q&A

Q.さし歯にする事で今後どのようになるのですか。歯ぐきの色が変化したり、いずれ入れ歯にしないといけなくなったりするのですか。

ご自分の歯が悪くなった原因となるものをそのままにしておけばどんな治療をしてもまた元の悪い状況へ戻ってしまいます。
さし歯というのは見える部分は人工のものですが、歯の根の部分は残っていてそこにさしている訳です。ですから根の部分は、また虫歯になる可能性があります。また人工のものですから歯茎との境目は、目では見えなくてもすき間が出来ます。そこにプラーク(歯垢)が付着すると、歯ぐきの炎症が起こる可能性も出てきます。
さし歯を長持ちさせるには、適切なプラークの除去が大切です。ただ磨けば良いというのではありませんので、さし歯を入れた時にしっかり歯科医院の歯科衛生士から聞いて下さい。
歯ぐきの色が変色するというのは、さし歯に使っている金属の色が透ける場合もあります。これはさし歯の材料、作り方によって防ぐことはできますので、こちらは相談なさって下さい。歯ぐきが炎症を起こして色が変化するのは、あなたと歯科医院のスタッフの両者で十分防ぐことが可能です。入れ歯を入れることにならないようにしなくてはいけませんね。

  • 歯の妖精のお話
  • おすすめオーラルケアサロン
歯科へ行こう!
  • ポイントがもらえる歯科医院検索
  • 口コミで歯科医院を検索
  • ネットで予約が出来る歯科医院を検索
  • 歯科へ行こう!

  • 和田精密歯研株式会社
  • ハーモニック-歯科専門求人・転職サイト
  • 歯ART美術館